バーチャルスライドをもっと身近に

ガラス標本の迅速・高品質
デジタル化サービス

scene01
遠隔病理診断
コンサルテーション
scene02
カンファレンス
症例共有
scene03
教育・研修講義
Solution

こんな課題ありませんか?

  • 病理ガラス標本の保管・管理のコストや手間を削減したい
  • 病理ガラス標本を複数人や施設と手軽に共有できるようにしたい
  • できるだけ安価かつ高品質にバーチャルスライドを作製したい
  • スキャナを導入したいが、コストや人的リソースの問題で諦めている
  • スキャナを導入しているが、時間・人手不足によって活用できていない
病理ガラス標本を高品質で迅速にデジタル化する「ImagingCenter」なら
このようなお悩みを解決できます。

About Imaging Center

迅速かつ高品質な
バーチャルスライド作製の受託サービス

imagingcenter_01
Imaging Center(イメージング・センター)では、お客様からお預かりした
病理組織・細胞のガラス標本(病理標本・病理スライド)をデジタル化し、
⾼精細なバーチャルスライドとして納品いたします。
過去の病理標本の保管・活⽤はもちろん、オンラインでのカンファレンスや、
関連施設間での遠隔病理診断・コンサルテーションにいたるまで、
病理診断に関わる様々な業務に新たな価値を提供し、
デジタルパソロジーの環境構築を最⼤限にサポートします。
Feature

Imaging Centerの3つの特徴

imagingcenter_02

病理標本を
迅速にデジタル化

sec3_img1

バーチャルスライドを
低価格でご提供

imagingcenter_03

デジタル化により
病理標本の利便性を向上

01

複数名の専門スタッフによる迅速で高品質なバーチャルスライド作成

お手元のガラス標本を弊社のスキャニング専門施設にお送りいただくだけで、迅速に病理標本の撮影を代行いたします。
私たちメドメイン株式会社には、スキャナ装置の操作に精通した専門スタッフが複数名在籍しており、徹底した品質管理を行うことで、高品質なバーチャルスライドのご提供が可能です。
過去のガラス標本のデジタル保管はもちろん、日々発生する新たなガラス標本のデジタル化にいたるまで、病理医のみなさまの診断業務をサポートします。
imagingcenter_solution_02
02

機材導入ナシでデジタルパソロジーの導入を安価に実現

Imaging Centerは、病理標本の回収、撮影、納品までのワークフローを最大限に効率化させているため、業界最安値水準(弊社調べ)のお求めやすい価格でのご提供が可能です。
撮影機材の新たな購入が必要ないため、貴施設におけるデジタルパソロジーの導入を安価かつ高品質で実現。
従来の病理標本の保管・管理に必要だったコストや手間の大幅な削減に貢献します。
03

病理標本のデジタル化で円滑な症例共有や精度管理を実現

病理のガラス標本をImaging Centerでデジタル化することで、症例の共有や管理を容易にし、病理医のみなさまの業務負荷を軽減するだけでなく、グループや関連施設間での安定した精度管理の体制構築をサポート。
PCだけでなく、モバイルやタブレット端末でも病理画像の閲覧が可能なため、関連施設間の遠隔病理診断・コンサルテーションはもちろん、学生向けの講義や実習、症例検討会など、シーンを選ばず手軽に症例を共有できる環境をご提供します。
デジタルパソロジーを活用することで病理標本の利便性が向上し、快適な診断と業務の遂行を実現できます。
imagingcenter_solution_03
Use Cases

バーチャルスライドの主な活用シーン

scene01

遠隔病理診断
コンサルテーション

グループ病院や各地に抱える関連病院との間に、強固な相互扶助のネットワークを構築することで、日々の診断業務をより快適にし、現場の病理医の負担を軽減します。
scene02

カンファレンス
症例共有

新型コロナウィルス感染症の流行に伴い、密集する空間を避ける必要がある環境下で、自宅などの遠隔地からでも容易にカンファレンスを開催・参加できる体制を整えます。
scene03

教育・研修講義


注目視野の限られた顕微鏡写真による学習ではなく、病理診断用の標本全体をバーチャルスライドでじっくり観察しながら学べる環境を構築することで、大きな学習効果が期待できます。
Scanning Environment

撮影環境

imagingcenter_01

各施設様のご要望に応じて
スキャナ装置の対応が可能

弊社のバーチャルスライドスキャン施設では、多数のスキャナ装置をご用意しており、各施設様のご要望に応じてスキャナ装置の対応が可能です。(例:ライカ社/AperioAT2、浜松ホトニクス社 /Nano Zoomer S360 等)

imagingcenter_03

技術力の高い
撮影専門スタッフが常駐

技術力の高い撮影専門スタッフが常駐しており、高い品質のバーチャルスライドをご提供しています。日頃バーチャルスライドに触れる機会があまり多くないお客様の中には、実際に顕微鏡で見るのに劣らない品質に驚かれる方もいらっしゃるほどで、多くのお客様から非常に高い評価を頂いております。

Service flow

サービスご利用の流れ

ガラス標本のデジタル化はメドメインにお任せください。お客様へのヒアリングを交えながら、弊社のシステム開発や病理部門の担当者が一緒に考え、最も良いバーチャルスライドの活用方法をご提案いたします。まずは是非お気軽にお問い合わせください。


● ガラス標本のご送付に際して、ご要望があれば専用のケースをお貸しいたします。
● 撮影納期については時期、枚数、撮影倍率等によって変動することがありますので、ご了承下さい。
● 納品方法はPidPortのシステム上に限らず、HDD等での納品も可能です。PidPortを希望される場合は、
お客様の専用アカウントとストレージを発行します。その際はメールアドレスだけでアカウント発行が可能です。

PidPortについて

PidPortはデジタル病理標本の最適な保管庫としてご利用いただける、病理画像管理クラウドサービスです。
複数の医療関係者がクラウド上にある病理標本を、いつでも・どこでも閲覧可能に。施設を跨いだ大規模なデータベースの構築にもお役立ていただけます。効率的で迅速な病理診断をトータルで支援します。
納品方法はPidPortのシステム上に限らず、HDD等での納品も可能です。PidPortを希望される場合は、お客様の専用アカウントとストレージを発行します。その際はメールアドレスだけでアカウント発行が可能です。

よくある質問

撮影機器は何を使用しているますか?

「ライカ社 / AperioAT2」、「浜松ホトニクス社 /Nano Zoomer S360」を使用しております。

何枚までお願いできます?

枚数に制限はございませんので、ご要望に合わせて承ります。

標本の準備や配送の方法に関して、個別で相談に乗ってもらうことは可能か?

ぜひ一度お問い合わせフォームよりご連絡ください。

なるべく柔軟に対応できるように尽力いたします。

撮影したWSIや関連するデータも併せて保存することはできますか?

病理画像の閲覧管理等が可能なクラウドシステム「PidPort」をご活用いただくことで、バーチャルスライドや付随する症例情報、資料等のPDFデータを紐付けて管理することが可能です。

蛍光染色は撮影可能ですか?

明視野(×20倍、×40倍)のみ可能です。

撮影倍率について教えてください。

20倍撮影もしくは40倍撮影、いずれかご希望の倍率で撮影が可能です。

WSIは1枚で何GBになりますか?

切片の大きさにも依存しますが、平均して1枚1GB程度です。

どのようにして納品されますか?

お選びいただく下記いずれかの方法で納品いたします。

 

1.病理画像の閲覧管理等が可能なクラウドシステム「PidPort」上のフォルダへの納品

PidPort上で、いつでもどこでも、快適にWSIを閲覧いただけます。

 

2.弊社のデータ受け渡し専用のWebシステムを介した納品

弊社から別途ご案内するWebシステムのURLから画像をダウンロードしていただきます。

 

※オフライン環境での納品をご希望の場合はHDD等の記録媒体での郵送納品も対応可能です。

サービスを利用する際の料金を教えてください。

ガラス標本1枚から受け付けておりますが、数千〜数万枚単位のご依頼も歓迎しており、枚数に応じて1枚あたりの単価がよりお得なプランをご用意しております。

お客様への最適なご提案をいたしますので、 まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連セミナー情報

病理診断の業務負荷を
私たちのテクノロジーが
解決します。